Super GT

Super GT News

ブレーキの温度管理について

車を運転していて無意識に「踏んで」「止まる」を繰り返しているブレーキですが、この様々な環境で常に最高の仕事を求められる”ブレーキ”の 温度管理の重要性についてお話したいと思います。


ご存知のように”ブレーキ”と呼ばれる制動装置は、F1から一般の車まで性能レベルの差こそありますが、熱変換によって車を止めるという共通した役割を持っています。
そして、それぞれの車重・速度・踏み方等、様々な状況に対応できなければなりません。
そこで最も重要になるのが”熱管理”なのです。
この”熱管理”を上手に行えるかどうかで、ブレーキ性能が決まると言っても過言ではありません。

写真


レースサポートで温度測定を行っていると、測定した温度を見るのは勿論ですが、サーモシールやサーモペイントが示す温度によって キャリパー/ディスクの使用状況を知ることができます。
例えば、極端に温度が低い場合はブレーキの性能を使い切るレベルに車体のセッティングが進んでいない。逆に、通常の温度よりも高い場合は 車体に何らかの異常が起きているなど・・・
限界値やブレーキへの温度負担を管理することだけではなく、今クルマに何が起こっているのかを窺い知ることもできます。実践的なお話はまた次回に・・・

写真

スーパー GT第3戦は、GW真っ只中の5月1-2日、富士スピードウェイで行われます。
大勢の方々のご来場を、主催者/関係者共々お待ちしております。

ページトップへ

関連リンク

SUPER GT OFFICIAL WEBSITE
http://supergt.net/jp/

Formula NIPPON OFFICIAL WEBSITE
http://www.f-nippon.co.jp/fnap/app/NList_h.dll

全日本F3選手権 OFFICIAL WEBSITE
http://www.j-formula3.com/

FIA WTCC OFFICIAL WEBSITE
http://www.fiawtcc.jp/

BMW ALPINA B6 GT3
http://www.alpina-gt3.com/

ページトップへ